ここから本文です。

重度身体障害者住宅改修

更新日:2017年10月1日 ページID:009537

重度身体障害者住宅改修

在宅の重度身体障害者がいる世帯に対し、障害を有する方の居住に適するよう住宅を改修する費用の全部又は一部を助成します。

(補足)改修前に申請が必要で、改修の2週間前までに手続きをお願いします。

対象者

65歳未満の方で次のいずれも該当する方

  1. 肢体不自由及び視覚障害を有する方で身体障害者手帳の等級が2級以上の方
  2. 世帯員の市民税・県民税の合計額が128,000円以下の世帯
  3. 世帯員に市税の滞納がないこと。

住宅改修の範囲

  1. 手すりの取り付け
  2. 段差の解消
  3. 滑り防止及び移動の円滑化等のための床材の変更
  4. 引き戸等への扉の取替
  5. 洋式便器等への便器の取替
  6. その他各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

補助金額

対象工事費の3分の2(生活保護世帯は3分の3)以内で補助限度額は40万円

給付の限度

  1. 障害を有する方1人つき1回とします。
  2. 日常生活用具及び介護保険の住宅改修費を受ける場合は、助成額よりその金額を控除した金額を助成します。
  3. 新築・全面的増改築にかかる工事は対象になりません。
  4. 住宅の維持補修や必要以上の贅沢華美な工事は対象となりません。

手続きに必要なもの

  1. 住宅改修助成交付申請書
  2. 工事見積書
  3. 住宅改修前後の図面
  4. 住宅改修着工前の写真
  5. 印鑑
  6. 世帯全員の市町村民税所得・課税証明書
  7. 世帯全員の市税完納証明書
  8. 借家の場合は家主の承諾書

申請手続後、ご自宅へ訪問し工事内容の確認を行います。

お問い合わせ先

福祉部 障害福祉課 

電話番号:095-829-1141

ファックス番号:095-823-7571

住所:長崎市桜町6番3号(別館1階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ