ここから本文です。

じん臓機能障害の認定基準の見直しが行われました

更新日:2018年5月14日 ページID:031237

平成30年4月1日より、じん臓機能障害に関する身体障害者手帳の認定基準の見直しが行われました。

見直し概要

 

 

改正前(平成30年3月まで)

改正後(平成30年4月から)

○  内因性クレアチニンクリアランス値の適用について

満12歳を超える者には

適用できない

年齢による制限なし

○  eGFR(推算糸球体濾過量)の適用について

適用できない

3級、4級の判定時は、

適用も可能

今回の見直しについては、平成30年4月1日以降に作成された診断書・意見書を添付した申請から新たな認定基準の対象になります。
平成30年3月31日までに作成され、平成30年4月1日以降に提出された診断書・意見書については改正前の認定基準の対象になります。

※詳細につきましては、下記のリーフレット及び厚生労働省のホームページをご確認ください。

お問い合わせ先

福祉部 障害福祉課 

電話番号:095-829-1141

ファックス番号:095-823-7571

住所:長崎市桜町6番3号(別館1階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ