ここから本文です。

介護保険制度

更新日:2016年12月2日 ページID:002079

介護保険制度

介護保険のあらまし

対象となるかた

  • 第1号被保険者…65歳以上のかた。
  • 第2号被保険者…40歳~64歳で医療保険に加入しているかた。

対象とならないかた

  • 40歳から64歳で医療保険に加入されてないかた。
  • 適用除外施設に入所されているかた。

サービスが利用できるかた

  • 第1号被保険者…寝たきりや認知症などで常に介護が必要なかた。介護までは必要ないが、日常生活に支援が必要なかた。
  • 第2号被保険者…老化が原因とされる16種類の病気により要介護状態、要支援状態になったかた。

保険料の支払い方法

  • 第1号被保険者…原則として年金からの天引き。
  • 第2号被保険者…加入している医療保険の保険料に上乗せして一括して納めます。

保険料の支払い方法(詳しくは保険料のページへ)

利用者の負担

  • サービスを利用したときには、原則としてかかった費用の1割または2割を負担していただきます。 施設に入所された場合は食費及び居住費も負担していただきます。
  • 1割または2割 の負担が高くなりすぎる場合は、自己負担分の上限を設けます。

利用料の負担(詳しくはサービス利用のページへ。「サービス利用」のページの下線の文字をクリックすると各サービスの利用料がご覧いただけます。)

介護保険に関する長崎市の状況

長崎市の高齢者数や認定者数、介護サービスの利用状況は次のグラフのとおり毎年増加しています。平成24年度から平成26年度までの「第5期介護保険事業計画」を策定し、この3カ年の見込み数を算出しています。

長崎市の高齢者数と高齢化率

平成21年度から平成26年度までに、65歳以上の高齢者数が11,761人(10.7%)の増、高齢化率が3.9ポイントの増と見込んでいます。

高齢者数と高齢化率の推移

高齢者数と高齢化率の推移

長崎市の要支援・要介護認定者数

平成21年度から平成26年度までに、認定者数は3,954人(15.9%)の増となることが見込まれています。

要支援・要介護認定者数の推移

要支援・要介護認定者数の推移

介護サービスの利用状況

介護サービスの給付費は毎年増加傾向にありますが、介護サービスにおいては特に訪問介護、通所介護などのサービスが特に大きく伸びています。長崎市では、高齢者のかたができる限り寝たきりなどの要介護状態になったり、要介護状態がさらに悪化することがないよう「介護予防事業」に取り組んでいるところです。

介護サービスにかかる給付費の推移

介護サービスにかかる給付費の推移

主な介護サービス給付費の推移

主な介護サービス給付費の推移

介護保険では、3年ごとに介護保険事業計画を見直します

  • 第6期事業計画(平成27年度から平成29年度)

介護保険制度では、介護サービスや保険料が適当かどうかなど、3年ごとに介護保険事業計画を見直すことになっています。
この事業計画では、介護保険制度を経営していく上で必要とされる介護サービスの量や、その確保のための方法などを具体的に示し、地域のニーズにあった介護サービスの基盤を整備していくための基本的な方策がもりこまれています。

お問い合わせ先

福祉部 介護保険課 

電話番号:095-829-1163

ファックス番号:095-829-1250

住所:長崎市桜町6-3(別館1階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

観光案内

平和・原爆

国際情報

「介護保険」の分類