遠藤周作文学館
遠藤周作文学館 > 偲ぶ一日 > 生誕90周年記念事業(H24.12.11)

偲ぶ一日

生誕90周年記念事業(H24.12.11)
 遠藤周作『侍』を読む(朗読とトーク)

 朗読とトーク:石坂浩二氏(俳優) 聞き手:加藤宗哉氏(作家)
 平成25年3月27日は、遠藤周作の生誕90周年の記念日です。それに先立ち、長崎ブリックホール国際会議室で、記念事業を開催しました。師走の寒い夜にも関わらず、約500名の来場者に恵まれました。
 『侍』から抜粋した6つの場面を、トークを交えながら朗読していただき、作品に込められた永遠の同伴者イエス像の描かれ方についても、興味深い見解を様々に展開していただきました。朗読に入られる度に、異世界に誘われ、まるで作品内を歩いているかのような空間に包まれました。収容人数一杯まで増席した会場は、湧き立つ歓声のなか、閉会いたしました。