遠藤周作文学館
遠藤周作文学館 > 遠藤周作文学館に行ってきました!

【コラム】遠藤周作文学館に行ってきました!

このコラムは...

「遠藤周作文学館ってどんな所?」「周りにはどんなスポットがあるの?」
長崎市在住のライター・Nが、その魅力を探ってきました!
遠藤周作文学館を様々な角度から取材!5回に分けて紹介します。


第1回 初めての遠藤周作文学館

記念すべき第1回目は、文学館の施設についてご紹介します。
でもここで紹介できるのは、ほんの一部。ぜひ足を運んで、皆さん自身の目で耳で、肌で、文学館の魅力を感じてみてください!


第2回 館長インタビュー

今回は、遠藤周作文学館の館長さんへのインタビューをご紹介します。
館長さんオススメのスポットからその意外な素顔まで、ここだけの情報が満載です!


第3回 周辺オススメスポット

前回のインタビューでは、森内館長が文学館周辺のスポットをオススメして下さいました。
今回は、その中からピックアップして詳しくご紹介します。


第4回 文学館と夕陽

遠藤周作文学館には、作品の魅力と並びもう1つ、忘れてはならない魅力があります。それは、夕陽。
雄大な角力灘に沈む夕陽は神々しく「きっと遠藤先生もこの夕景に魅せられはず…」と、つい想いを馳せてしまいます。ここでは、文学館のスタッフの方に聞いた、夕陽を楽しむポイントをご紹介します。

第5回 「アンシャンテ」でド・ロ様そうめん

「アンシャンテ」は、遠藤周作文学館に付属の軽喫茶です。
ここでは、角力灘の絶景とともに、美味しいメニューも味わえます。
中でもオススメが「ド・ロさまそうめん」。その魅力を、たっぷりご紹介します。