• 思索空間アンシャンテ
  • 各国語パンフレット

開館時間

AM9:00~PM5:00
(入館受付PM4:30まで)

休館日

12月29日から1月3日まで

観覧料(個人)

一般360円、
小・中・高校生200円

観覧料(団体)10人以上

一般260円、
小・中・高校生100円

長崎市遠藤周作文学館

〒851-2327
長崎県長崎市東出津町77番地


TEL:0959-37-6011
FAX:0959-25-1443

文学館より

遠藤周作文学館のホームページへようこそ!

 遠藤周作文学館が立地する長崎市外海地区は、キリシタンの里としても知られており、遠藤文学の原点と目される小説『沈黙』の舞台となった場所です。
 当文学館は、これら貴重な資料を展示するとともに、遠藤文学に関わる収蔵資料の調査研究を行い、情報発信に努めています。
 また、角力灘(すもうなだ)を見下ろす絶好のロケーションを楽しんでいただけるよう皆様のご来館をお待ちしています。

新着情報

遠藤周作未発表小説「影に対して」の発見について

2020/06/26

遠藤周作未発表小説「影に対して」の発見について

遠藤周作未発表小説「影に対して」の発見について   長崎市遠藤周作文学館の寄託資料から、遠藤周作の未発表小説「影に対して」が見つかりました。 今回発見さ...

新着情報一覧

イベント情報

ただいまイベント情報はありません。

イベント情報一覧

企画展のご案内

 当文学館では、平成12年5月の開館以来、2年ごとにテーマを変えて企画展を開催しています。 (開館と同時に開催した第1回企画展は、当文学館が外海の地に建設されるゆえんとなった『沈黙』をテーマにしました。)  現在は、開館20周年記念「遠藤周作珠玉のエッセイ展――〈生活〉と〈人生〉の違い――」を開催しています。

過去の企画展一覧

  • 思索空間アンシャンテ
  • 各国語パンフレット