遠藤周作文学館のホームページへようこそ!

遠藤周作

 遠藤周作文学館が立地する長崎市外海地区は、かくれキリシタンの里としても知られており、遠藤文学の原点と目される小説『沈黙』の舞台となった場所です。

 当文学館は、これら貴重な資料を展示するとともに、遠藤文学に関わる収蔵資料の調査研究を行い、情報発信に努めています。

 また、角力灘(すもうなだ)を見下ろす絶好のロケーションを楽しんでいただけるよう皆様のご来館をお待ちしています。



新着情報

ピックアップ
2015/08/29
『沈黙』の舞台をめぐる文学バスツアー
2015/08/28
【ショップ新着案内】今井真理 『それでも神はいる 遠藤周作と悪』
2015/08/21
遠藤周作を偲ぶ一日
2015/07/31
田代素魁『女の一生』さし絵ミニ展示!
2015/07/14
沈黙の舞台外海 日帰りバスツアー【長崎国際観光コンベンション協会】

遠藤周作について

遠藤周作氏肖像

1923/3/27 - 1996/9/29
小説家、文芸批評家、劇作家。
代表作「沈黙」ほか多数

詳細

遠藤文学散歩

遠藤周作氏肖像

「沈黙」の舞台、を巡る旅
黒崎教会、出津教会、ド・ロ神父記念館…

詳細

沈黙の碑

教会

小説「沈黙」記念碑。
「人間がこんなに哀しいのに 主よ海があまりに碧いのです」

詳細

文学館から見た夕陽

Sunset

五島灘に沈む美しい夕陽。
ぜひ見にいらしてください。

詳細